広告 英語力強化

キャリア形成に英語力が必要な3つの理由-あなたを助けるコミュニケーション-

「なるの部屋」では、社会人としてのあらゆるステージにおいて、英語力向上の必要性について訴えています! それには3つの理由があります! 拙い英語でもいい、不自然でもいい、文法が間違っていても構わない、とにかく積極的に、熱意を込めて相手に英語で伝えるコミュニケーション術を学んでいきましょう!

肌で感じる社会人に必要な英語力

自分の経験から言えること

いまだに、中間管理職でも英語によるコミュニケーションが苦手な方が多いです。
僕も研究者でありながら、そんな中の一人でした。
学生の時から英語が不得意で、「海外出張なんて、恥をかくだけだから絶対行きたくない!」と本気で思っていました。

入社数年間は英語学習の必要性をわかっていながら、海外留学する時間もお金もないので、通信教育でなんとかしようと思っていました。
当然モチベーションも高くないので、全く話せるように、聞き取れるようにはならず、しばらくあきらめていました。
でも、ある程度シニアな立場になってくると、次のよう劣等感が生まれてき、本気で英語学習・トレーニングを再開することになったのです。

  • 外国のベンチャーがたまに自分たちの技術の営業をしにくることがあり、英語で話せないし言っていることもほとんど分からない・・・
  • 周りには、留学帰りでそこそこ英語を話せる同僚もいて、ちょっと劣等感・・・
  • ひと回り以上離れた後輩は、大学での英語教育の環境が整っていて、自分よりずっと英語でコミュニケーションできるし、TOEICスコアもよい・・・

実践した方法は、英会話スクール自主トレーニングです。
少なくとも今は、普通にストレスなく日常会話やネーティブの相手と英文でビジネスメールのやりとりができるようになりました。

僕はその中で、英会話スクールやオンライン英会話を数多く試した結果、自分の世代や立場から一番効果が高いと感じる「方程式」を見つけたつもりです。
そこで、その経験を皆さんのキャリア形成へ還元するため、それらのエッセンスをこの「なるの部屋」で紹介することにしました。

英語が僕を救ってくれた

実経験として、英語を勉強しておいて本当に良かったです。
そんなに流暢には話せないので、エラそうなことは言えないんですが、結果として英語はあらゆるシーンで僕を助けてくれました

  • 当時の部下を上回るTOEICスコアを獲得して、一応面目躍如できた
  • 海外の学会や提携先への出張が叶った
  • 総務職への異動後に2か月の海外駐在を経験できた
  • 海外駐在での実績により昇格できた
  • 前職におけるグローバルの実績を職務経歴書や面接でアピールすることができ、外資系企業への転職に成功した

皮肉なものですね。あんなに苦手だから避けたり諦めていた英語なのに、それが自分を救ってくれるなんて。

英語力が必要な本当の理由を見つけよう-チャンスを逃さないために-

「転職、昇格、その他仕事の幅を広げるために必要なんでしょ?」当たり前のように、そう思われていますが、そんな漠然とした理由では本気で取り掛かれないと思います。

僕も、通信教育で成果が上がらなかった時は、その先をあまり見ていませんでした。
具体的に目標、つまり何のために、何を、どのレベルまで英語力を引き上げるのかを明確にしていないと、そのトレーニングや勉強の方法が定まらないうえに、モチベーションも上がらないので、成果が出にくいです。

そこで次に、

  • 仕事の幅を広げるため/高い評価を得るため
  • 昇格を目指すため
  • 転職を目指すため

この3つについて、考えられる理由とその達成レベルの具体的に想定してみましょう。

仕事の幅を広げるため/高い評価を得るため

営業職:欧米の顧客だけでなく、中国、韓国、東南アジアの方にも対応できる。皆さんレベルはともあれ、英語を話すことができる。
全般:海外出張、海外の取引先と仕事を任せられることで、ライバルから一歩先んじる、通常業務のなかで良い評価を得ることができる。
これらには、一般的なスピーキング、ライティングをストレスなく、ほとんど辞書を使うことのないぐらいに英語力を高めるぐらいを目指すべきです。

これには、英会話スクールの一般英会話コースと自主トレーニングで能力向上を目指すことがおすすめです。

【タイアップ】

ECC外語学院

【タイアップ】

【タイアップ】

昇格を目指すため

昇格の推薦に、TOEICスコアの提示が求められる場合があります。
また、昇格試験自体に英語の試験が含まれていることもあります。

その場合は、どんな試験であっても、TOEICのトレーニングを徹底的に行ってください。
今の時代、TOEICスコアであれば800以上でないとお話しにならないかもしれれません。

短期間でスコアを上げる必要があります。英会話スクールのTOEIC集中コースに通うなど他人任せにするではなく、市販のTOEIC対策の問題集をたくさん買って、「スキマ時間」でではなく、とにかく積極的に時間を作り出して繰り返しトレーニングしてください。

僕は、こうすることで、半年TOEIC800越えを達成しました。

転職を目指すため

転職するなら、やはり外資系にチャンスが多いため、社内のコミュニケーションが可能なレベルに英語力を引き上げておく必要があります。

また、Web会議システムによる採用面接が当たり前になった時代、最終面接に近づくにつれグローバルの人事や部長クラスとの面談の機会が出てきます。

【タイアップ】

ロバート・ウォルターズ

こうなると、正しい文法を使う、ボキャブラリを増やす、といったことではなく、とにかく相手の発する英語の意味を正しく理解する、ある程度文法は無視してでも自己主張できる、相手の質問にすっと答えることができるアドリブ性が必要となります。

多少拙い英語でも、不自然でも、文法が間違っていても構わないので、とにかく積極的に、熱意を込めて相手に英語で伝えるコミュニケーション術を学んでいきましょう!

なので、ここはリーズナブルなオンライン英会話によりできるだけ数多くのレッスンを受けて、英語でのコミュニケーションに極限まで慣れておくことをお勧めします。

【タイアップ】

【タイアップ】

【タイアップ】

Weblio英会話

最後に

僕はあまり後悔はしない性格です。でも、英語力を上げることにおろそかだったことだけは唯一後悔しています。
「たられば」は厳禁ですが、でももっと早く気づいて若いころから取り組んでいれば、もっと良いポジションにたどりつけたはず、そう思っています。

皆さん、できるだけ早く、今すぐお金を惜しまず取り組むと、きっと後でそのお金は、チャンスという形で戻ってきます!

拙い英語でもいい、不自然でもいい、文法が間違っていても構わない、とにかく積極的に、熱意を込めて相手に英語で伝えるコミュニケーション術を、今すぐ学び始めましょう!

    • この記事を書いた人

    なる

    キャリア形成ブロガー|綿密な取材と自身の転職経験と実績に基づき、転職・昇格に関する有益情報を発信| マネジャーとして多くの若手社員を指導・育成|心の病を乗り越えてハイエンド転職を実現|転職で年収アップ 100 万円以上を達成|現在外資系企業マネジャー|関西在住|これからも皆さんの社会人生活が少しでも豊かになるように情報発信していきます!

    -英語力強化