広告 転職

薬剤師転職 FAQ:採用試験の面接であるよく質問と回答例と対策

著作者:macrovector/出典:Freepik

このブログでわかること

この記事は、
✔ 活動を始めるにあたり転職の仕方を予め知っておきたいとお考えの薬剤師の方
採用試験の面接のチャンスを獲得したけれど、その面接に不安を持っている薬剤師の方
のために書きました。

薬剤師は、医薬品の専門家なので、転職時の採用面接の内容がかなり特殊です。
それだけに面接には十分な準備が必要です。

この記事では特に、薬剤師として転職する際の採用面接における重要なポイントや、よくある質問と、それらに対する回答例や対策を解説しています。

この記事の最後には、具体的な転職エージェント転職サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

[表示] をクリック

薬剤師の採用試験での面接の内容は特殊

薬剤師の転職では、その採用面接の内容がかなり特殊になります。

なぜなら薬剤師は、人の健康や生命にかかわる「医薬品」を専門に取り扱うお仕事なので、さまざまなことが医薬品医療機器等法を中心とした法律により厳しく規制されているからです。

具体的には職業と異なり、「ミスの防止」と「安全性の確保」についての受け答えがかなり重要視されます。

薬剤師の勤め先は、製薬企業を含め多様ですが、薬剤師の実情を解説した別の記事でも説明したように、転職先は病院か薬局がほとんどだと思います。

そこでここでは、転職先として多い、医療機関 (以下、総称して「病院」とします) と薬局を前提にお話しを進めていきます。

病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

採用面接への対応の仕方が、病院薬剤師と薬局薬剤師で若干異なるので、その役割の違いを明確にします。

病院薬剤師の役割は、主に病院内で医療チームと協力し、患者の治療に薬剤面から貢献します。
薬剤の調剤や患者への服薬指導はもちろんのこと、入院患者の緊急時の薬剤供給や副作用の監視なども担当します。

医療チームとのコミュニケーションが重要であり、患者の安全な治療を確保する役割を果たします。
そのため、臨機応変性やチームワーク能力が求められます。

一方、薬局薬剤師の役割は、主に薬局内で外来患者と直接接触し、処方箋の調剤や薬剤情報の提供、服薬指導などを行います。
患者とのコミュニケーションが深く、薬剤に関する患者の疑問や不安を解消する役割を果たします。

また、薬局薬剤師は地域の医療に密接に関わることもあり、地域の健康支援にも貢献します。
そのため、患者志向のサービス提供や教育が重要とされます。

転職先から望まれる資質として、どちらも専門知識の充実や継続的な学習、チームワークやコミュニケーションスキル、臨機応変性などが重要です。
そして何よりも、患者の安全と健康に貢献する使命感や専門性を持つことが必要です。

薬剤師の面接によくある質問集!

今回、薬剤師の転職の採用面接によくある質問を分類し、その分類に応じて回答の具体的な対策を併せて解説します。
分類したものについては、基本的には共通する回答を用意すればよいので、個々に回答案を用意しなくても構いません。

また、これらの質問に対しては、単に Yes / No だけを答えるのではなく、PREP 法を意識して、

「私は だ。何故なら ⬜︎ という経験をしたから、そこで ということも乗り越えた。だから私は に自信がある。」

といった論拠で、可能な限り実体験を踏まえて具体的に回答することがポイントです。

 PREP 法:文章を次の順で構成する方法
  Point :要点 (結論や主張)
  Reason :理由
  Example:具体例 (事例・データ・状況など)
  Point:要点 (結論や主張)

それでは、薬剤師として共通の質問、病院への転職の際によくある質問、薬局への転職の際よくある質問に分けて解説します。

自己紹介・薬剤師としての経歴

  • 共通
    • これまでの経歴やスキルについて教えてください
    • これまでの職場での薬剤師としての役割や貢献について具体的に教えてください。

これらは、採用面接の一番最初に必ず聞かれます。

薬剤師になって、働いてきた病院、薬局、あるいは企業やその時の担当業務など時系列に沿って2分間程度で説明してください。
予め説明しようと準備していたトピックを厚めに強調することで、質問の誘導を試みましょう。

転職理由

  • 病院
    • なぜ病院薬剤師としてのキャリアを追求したいと考えているのですか?
    • なぜ今の職場を辞めてまで、当院を希望されるのですか?

非常に答えづらいですが、間違いなく質問されます。
当然、今の職場に不満や満たされないことがあるので転職を希望するのですが、現職の批判とならないように説明することが必要です。

病院の場合、特に得意分野があると思います。
事前にそれを調べておいて、

「私は、 がしたいと思っている。現職でも のチャンスはあるが、貴院の ⬜︎ からその実現の可能性が高いと考えた」

というふうに、できるだけポジティブな言い換えを考えてみてください。

  • 薬局
    • なぜ病院薬剤師から薬局への転身を希望されたのですか?
    • なぜ今の職場を辞めてまで、当薬局を希望されるのですか?
    • 薬剤師として薬局で働くことを希望した理由は何ですか?

薬局から薬局への転職の場合は、希望する薬局の特徴を捉え、それを希望同期と結びつけて、病院への転職と同じようにポジティブに言い換えるようにしてください。

また薬剤師のキャリアチェンジとして最も多いのが、「病院薬剤師>薬局薬剤師」の流れです。

その場合は、多少ネガティブでも病院では達成できず、薬局では可能なことを理由にしても良いと思います。
例えば、病院では入院患者との限られた接触しかないが、より多くの一般の患者に接することができる薬局でもっと地域貢献したい、ということも一つの良い回答例だと思います。

薬剤師という仕事に対する向き合い方

  • 共通
    • 薬剤師として働くことを選んだきっかけは何ですか?
    • 薬剤師としての価値観や信念を具体的な例を交えて説明してください。
    • 薬剤師としての倫理的なジレンマに直面した経験がありますか?その際の対応や考え方を教えてください。
    • 薬剤師としてのキャリアにおいて、最も誇りに思う瞬間は何ですか?
    • 薬剤師として働く中で、特にやりがいを感じる瞬間は何ですか?

実際のところ、倫理的な使命感を持って薬剤師の資格を目指した人は多くないと思います。
等身大で無理のないきっかけと、普段考えていることを説明した方が面接官に共感されやすいのではないでしょうか。

きっかけは、理科が好きだった、薬の仕組みに興味があった、など素朴なものでも構わないですし、
大それた使命感を答えるのではなく、普段困っている患者さんをみて率直に感じたこと、患者さんに感謝されたことを思い出して、それを具体的に思い描いて、こういった薬剤師になりたい、薬剤師になってよかったと思うことを説明されてはいかがでしょうか。

  • 病院
    • 病院薬剤師としての役割や責任について、どのように捉えていますか?

特に、入院患者さんへの安全性の確保について、これまでのキャリアで学んだことを中心に説明しましょう。

  • 薬局
    • 薬局薬剤師としての役割が、地域の医療へどのように影響を与えると考えていますか?
    • 薬局での薬剤師業務において、最も大切だと考えることは何ですか?
    • 薬局の規模や特性に合わせて、どのような薬剤師業務に貢献できると考えていますか?

こちらも、実際の経験に基づいて説明すると納得感があります。
逆に、個々の患者さんに対して、こうしたらよかったという後悔が少なからずあると思います。
そこから、こうあるべき、という理想の姿を描いてみてはいかがですか?

ミスの防止

  • 共通
    • 薬剤の調剤や投与において、どのような注意を払っていますか?
    • 複数のタスクを効果的に管理する方法を教えてください。
    • 薬剤の調剤ミスを未然に防ぐために行っている取り組みは何ですか?
    • 薬剤の調剤や提供において、高い精度を保つために工夫している点は何ですか?
    • 薬剤の調剤ミスを最小限に抑えるために、どのようなチェックプロセスを経ていますか?
    • 薬剤師としての業務において、エラーやトラブルが発生した場合の改善策を述べてください。
    • 複数の処方箋を同時に処理する際のアプローチを教えてください。
    • 薬剤の調剤ミスを未然に防ぐために行っている取り組みは何ですか?
    • 薬剤のコンピューターシステムを適切に活用して、正確な処方箋の管理を行っていますか?
    • 薬剤の調剤や提供において、高い精度を保つために工夫している点は何ですか?
    • 複数の処方箋を効率的に処理するためのワークフローを説明してください。

薬の取り違えや調剤ミスは、薬剤師にとって絶対に避けなければならない医療過誤です。

各論的な質問が多くなってしまいましたが、これらを参考に実際経験されたミス防止に向けた取り組みを、そしてご自身が果たした役割を具体的に説明するようにしてください。

  • 病院
    • 薬剤の調剤や薬歴管理について、徹底した注意を払っている経験を教えてください。
    • 医師の処方箋に基づいて薬剤を調剤する際、注意する点は何ですか?
    • 病院での薬剤の在庫管理や保管方法についてどのように取り組んでいますか?
    • 複数の処方箋を同時に管理する際の時間管理術について説明してください。

病院ならではのミス防止策は、やはり病院側には響きます。
先方に共有すると「なるほど」とタメになるようなことを選んで説明するようにしましょう。

  • 薬局
    • 薬局の在庫管理や供給体制の最適化に関するアイデアを述べてください。
    • 薬局内での在庫管理において、期限切れや不足を防ぐために行っている取り組みは何ですか?

薬局薬剤師の場合、昨今のジェネリックメーカーの GMP 省令違反を原因とする供給不足問題から、患者さんへ迷惑をかけてしまった経験をされているのではないでしょうか?

その経験を添えて説明すれば、かなり納得感が得られると思います。

安全性の確保

  • 共通
    • 患者の安全性を確保するために心がけていることは何ですか?
    • 薬剤のラベル付けや保管において、安全性を確保するために気をつけている点は?
    • 薬剤師として、薬の相互作用や副作用について患者にわかりやすく説明する際の工夫はありますか?
    • 薬剤の交互作用や副作用に関する患者からの質問に、どのように対応しますか?

薬剤師の一番大切な役割は、患者さんの安全性の確保です。

転職先からは、必ずこれに対する質問があります。

普段注意していることや自分なりの工夫、これまでの職場での取り組みを、できるだけ丁寧に説明してください。

特に思い当たらない場合は、先輩や同僚のやっていたことを思い出して、「こういう姿になりたいので具体的に の努力をしている」というような、これから目指す姿を語ってください。

  • 病院
    • 薬物相互作用や副作用の監視において、どのようなアプローチをとっていますか?
    • 病院内での新薬の導入に際して、どのようなプロセスを経ていますか?

これらの質問は病院ならではのことだと思います。
漠然とした姿勢ではなく、具体的な医薬品を挙げて、その経験を説明した方が納得感が高まります。

患者への接し方

  • 共通
    • 患者の教育や薬の理解度向上にどのように貢献していますか?
    • 患者とのコミュニケーションで困難を感じた経験を教えてください。どのように克服しましたか?
    • 患者のクレームや不満に対処する際の具体的な事例を挙げて、解決のアプローチを説明してください。
    • 患者とのコミュニケーションにおいて、工夫したことや気をつけていることは何ですか?
    • 患者の治療やケアにおいて、特に気をつけている倫理的な側面は何ですか?
    • 患者の薬に対する理解やアドヒアランスを向上させるために行った取り組みを教えてください。
    • 薬剤情報の提供や服薬指導において注意している点は?
    • 患者からの薬剤に関する疑問に対して、どのように説明しますか?
    • 高齢者や小児患者への適切な服薬指導方法について説明してください。
    • 患者のプライバシーと情報保護にどのように配慮していますか?
    • 患者からの処方箋の誤解や疑問に対して、どのように説明しますか?

服薬指導は病院でも薬局でも、大小はあれ、経験されたと思います。
薬剤師は、アドヒアランスやコンプライアンス (かってに休薬したりせず、用法用量どおりに服用し続けること) に対して重要な役割を果たさなければなりません。

こちらも、しっかり自分の考えを整理して、理路整然と答えられるように準備してください。
必ず、具体的な経験・事例を添えてください。

  • 病院
    • 病院内の医療チームと連携して、患者のケアプランにどのように貢献していますか?
    • 薬剤師としての専門的なアドバイスや提案を通じて、患者の治療プランにどのように貢献していますか?

病院での服薬指導の場合は、チーム医療の一員として、入院患者の治療効果だけでなく有害事象や副作用の注意深い観察が必要です。
その薬でよくある副作用情報については、薬剤師が一番詳しいはずですので、これを検知できるのは薬剤師しかいません。

できる限り、その経験を思い出して答えられるようにしてください。

  • 薬局
    • 新しいジェネリック医薬品の情報提供について、どのようなアプローチをとっていますか?

薬局では、この質問があるかもしれません。
医療費縮小の取り組みの一つとして、国としてジェネリック医薬品の浸透を進めているのはご存じの通りです。

かたや、昨今のジェネリックメーカーの不祥事で製造方法や品質管理面で、先発品と同じとは言い切れない実情も生まれてきました。
薬局薬剤師には、これを一般の患者さんに、わかりやすく説明できる能力が必要です。

普段、ご自身が実践していることや、考えていることを丁寧かつ簡潔に説明してください。

これまで経験した困難と工夫

  • 共通
    • 薬剤師として経験した一番の困難は何ですか?それをどのように乗り越えましたか?
    • 薬剤師としての倫理的なジレンマに直面した経験を教えてください。

これもよく質問されます。
薬剤師となっていろんなトラブルや、新たな取り組みに関わったことがあると思います。

それに対してどのように向き合い乗り越えたかを、具体的な事例を挙げて説明してください。

  • 病院
    • 病院内での緊急薬剤の供給体制について考えてみてください。
    • 緊急時やアクシデント発生時にどのように対処しますか?
    • 新たな医療技術やソフトウェアを活用して、業務の効率化に取り組んだはことありますか?

病院薬剤師であれば、入院患者さんの急な状態悪化や、特に救急診療がある場合にはさまざまなアクシデントを経験されたと思います。

そんな経験を率直に話してください。
その工夫とともに、自分の薬剤師としても思いや信念も併せて話すと、説得力が出ます。

病院でのコミュニケーション

  • 病院
    • 病院でのチームワークの重要性についてどう考えますか?
    • 医療チームとのコミュニケーション方法について説明してください。
    • 医師や看護師からの薬剤に関する質問に対応する際のアプローチは?
    • 病院内の複数の部門と連携する際のコミュニケーション方法を説明してください。
    • 医療チームでの意見の対立が生じた場合、どのように解決しますか?
    • 病院内の薬剤師チームのリーダーシップ経験について教えてください。
    • チームでの協力や連携について、具体的な経験を教えてください。
    • 薬剤師として、医療スタッフや患者と円滑なコミュニケーションを取るための工夫は何ですか?

病院薬剤師に特化した質問ですね。
ここでは、

  • 医療チームのリーダーである医師の指示をいかに正確に受け取って、実行し、報告できるか?
  • 看護師や他の医療スタッフとタイムリーに情報共有や連携ができるか?
  • 薬剤師のチームの中でリーダーシップを取れるのか?

が評価されます。
事前に、一つでも二つでも、説明できる実例・実体験を用意してください。

ストレス耐性

  • 共通
    • ストレスフルな状況下での対処法やリラックス方法は何ですか?
    • 薬剤師として働く中でのストレスや負担を軽減するための工夫はありますか?

どんな仕事でも、プレッシャーやストレスがあります。
それを軽減するための、趣味や余暇の使い方など、硬くならず中休み的にフランクに話して良いと思います。

自己啓発への取り組み

  • 共通
    • 薬剤師としてのキャリア目標について教えてください。
    • 薬剤師としてのスキル向上のために、過去にどのような研修や勉強会に参加しましたか?
    • 薬剤師としての専門的な知識やスキルを向上させるために参加した研修やセミナーについて教えてください。
    • 薬剤師としてのキャリア目標や成長に向けてどのような取り組みを行っていますか?
    • 薬剤師として、自己啓発や専門的なスキル向上のために参加した研修やセミナーについて教えてください。
    • 薬剤師としての専門知識やスキル向上のためにどのような努力をしていますか?
    • 薬剤に関する法律や規制の変更に対応する際のアプローチは?
    • 薬剤師としてのキャリア目標や成長に向けてどのような取り組みを行っていますか?
    • 薬剤師としての業務において、特に力を入れているスキルや能力は何ですか?

常に新薬が登場してきます。
新しい投与方法や製剤技術が開発されます。

薬剤師は、その度に正確な情報を自分で入手し、患者さんに説明できるような準備をしておかなければなりません。

普段、どのような学習をしていますか?
もし、そこを怠っていた、と気づいたら、今すぐ始めてください!

  • 病院
    • 新しい医療技術や薬剤情報についてどのように学習していますか?
    • 医療技術や薬剤情報のアップデートをどのように追いかけていますか?

もしかすると今勤めている病院で、薬事日報や日刊薬業などの専門誌を購読しているかもしれません。
目を通してみると、これらの質問に対するヒントを見つけられるかもしれません。

最近承認された具体的医薬品の特徴を例えに挙げて、こういったことに気をつけている、と事実を添えると良いでしょう。

  • 薬局
    • 医療保険の知識や請求業務についてどのように習得しましたか?

請求業務も薬局薬剤師の重要な役割です。

制度改定について、自分がどこから情報を得るのか (新聞報道なのか、薬局からの連絡なのか、専門誌なのか) を思い出しておいてください。
ただし面接官には、厚生労働省や PMDA のサイトを使って自ら情報収集する積極的な姿勢が好まれます。

病院/薬局への質問

  • 最後に当病院/当薬局に質問はありますか?

これは、採用面接の最後に必ず聞かれる質問です。

ここで、「大丈夫です」と何も質問しないのは、その時点でアウト。今までの努力が水の泡です。
なぜなら、「実はうちに対して興味が全くないのでは?」と疑われてしまうからです。

病院/薬局の Web サイトや募集要項を詳細に調べて、その病院/薬局に対しての質問 (給与、待遇に関しての質問は NG) を必ず3つ以上は考えておいてください。
地域医療に対する考え方、病院/薬局の文化、方針などに関してわからないことなど、いろいろあると思います。

薬剤師に求められる資質とは?

質問の内容を把握したら、次は転職先が求める薬剤師の資質を理解しておくが必要があります。

なぜなら、転職先が薬剤師に求めるのは「即戦力」だからです。
これから自分たちの組織に適した人材を育てていく「新卒」や「新人看護師」とは採用の目的が大きく異なります。

それでは、病院薬剤師と薬局薬剤師で具体的にどのような資質が求められるのでしょうか?

病院薬剤師に求められる資質

チームワーク能力
病院薬剤師は医師や看護師などの医療チームと連携して患者のケアを担当します。
チームでの協力が重要です。

臨機応変性
緊急事態や急患への対応能力が求められます。

コミュニケーションスキル
医療チームや患者との円滑なコミュニケーションが必要です。

患者志向
患者のニーズを理解し、適切な情報提供や薬剤管理を行う能力が求められます。

臨床判断力
処方箋の確認や薬剤の適切な選択を行う能力が必要です。

医薬品知識
医薬品の特性や薬物相互作用、副作用に関する高い知識が必要です。

安全意識
医療エラーの予防と患者の安全性確保に対する意識が重要です。
新しい情報の吸収: 医療技術や薬剤情報のアップデートを行う能力が求められます。

適応力
異なる病院環境に対応できる適応力が求められます。

専門知識の充実
新しい薬剤情報や治療法についての知識を保ち、専門性を高める努力が望まれます。

組織への貢献
医療チームでのリーダーシップやプロジェクトへの参加を通じて、組織に貢献する姿勢が重要です。

継続的な成長
専門知識やスキルの向上を継続的に追求する姿勢が求められます。

複数タスクの管理
複数のタスクを同時に効果的に管理するスキルが重要です。

薬局薬剤師に求められる資質

コミュニケーションスキル
患者とのコミュニケーションを通じて、薬剤に関する理解を促進する能力が求められます。

正確性
薬剤の調剤や提供において高い正確性が重要です。

カウンセリングスキル
患者に対する薬剤情報提供や服薬指導が必要です。

倫理的判断
患者のプライバシー保護や薬剤の適切な提供に対する倫理的な判断が求められます。

薬学知識
医薬品や薬理学に関する深い知識が必要です。

時間管理
複数の処方箋を処理する際の時間管理スキルが重要です。

顧客志向
患者のニーズを理解し、最適な薬剤サービスを提供する能力が求められます。

チームワーク能力
薬局内でのチームとの連携がスムーズに行える能力が求められます。

薬剤の知識アップデート
新しい医薬品や治療法に関する知識を追求する意欲が重要です。

クレーム処理のスキル
患者からのクレームや不満に対処するスキルが求められます。

業務プロセスの最適化
薬局内の効率的な業務プロセスの改善に関するアイデアを提供する能力が重要です。

患者教育のスキル
薬剤師として患者に対して適切な教育を提供するスキルが求められます。

ドラッグストアの薬局薬剤師に求められる資質

現在、調剤薬局を併設するドラッグストアがかなり増えていて、求人も多いです。
ドラッグストアへの転職も十分あり得るので、そこで求められる特徴的な資質をも説明しておきます。

カウンセリングスキル
ドラッグストアでは、多くの顧客と直接接触するため、薬剤に関する的確な情報提供と服薬指導が重要です。

販売スキル
ドラッグストアでは薬剤だけでなく、健康食品や健康グッズなども販売することがあるため、製品の説明や提案力が求められます。

顧客志向
顧客の健康や福祉を考え、ニーズに合わせた薬剤や商品を提供する能力が必要です。

応急処置のスキル
ドラッグストアでは急な症状に対してアドバイスを求められることがあるため、基本的な応急処置の知識が求められます。

販売促進の理解
ドラッグストアは商品を売る場でもあるため、販売促進の戦略やプロモーションの理解が役立ちます。

在庫管理のスキル
医薬品以外の商品の在庫管理や発注など、効率的な販売のためのスキルが求められます。

システムの利用経験用
POSシステムや薬剤情報の検索ツールなど、テクノロジーを活用した業務処理が重要です。

トラブルシューティング
顧客からの問い合わせやクレームに迅速かつ適切に対応するスキルが求められます。

高いコミュニケーションスキル
多様な顧客とのコミュニケーションが必要なため、コミュニケーションスキルを高めることが重要です。

効率的な業務処理
多忙な状況でもスムーズに業務を処理する能力が求められます。

これらの資質は、ドラッグストアの薬局薬剤師として成功するために重要です。薬剤の知識だけでなく、顧客サービスや販売スキルなど、多岐にわたる能力が求められます。

厳選!薬剤師専門の転職エージェント・転職サイト

とはいえ、転職は求人を探さないと何も始まりません。

そこで、具体的な薬剤師専門の転職エージェント転職サイトを紹介します・

これらはすべて、有料職業紹介事業として、厳しい審査のもと厚生労働大臣の許可を受けている転職エージェント・転職サイトです。
(「有料」とありますが、皆さんからお金を取るのではなく、募集している企業から成功報酬として手数料を取る事業であることを指します。ご安心を。)

また、この許可されたエージェンは、職業安定法の令和4年の改正で個人情報の取り扱いについて基準が厳格化したので、プライバシーの面でも信頼できると思います。

以下の情報を掲載するにあたり、僕がすべてのエージェントと転職サイトの運営会社を一つひとつ調べました。

それぞれで、特徴や強みが異なります。
全て登録・相談は無料です。リスクもほとんどありません

まず複数に登録して、求人情報を確認し相談してみてから、ご自身に合う転職エージェントや転職サイトを選んでみてください。

転職エージェント

タイアップ

セルワーク 薬剤師求人

【厚生労働大臣許可番号】
27-ユ-302296

業界経験者や特化したアドバイザー

業界を知り尽くしたキャリアアドバイザーが求職者の悩みをしっかり把握・解決
⇒ 転職先のリアルな情報をピンポイントで共有
  入社後びに「話がちがう」ということが少ない

9万件以上の求人

独自のネットワークにより、全国規模で圧倒的な求人数を実現
⇒ いろいろなサイトを探し回ることなく、希望の求人にたどり着く可能性が高い

無理強いはなし。アフターフォローも実施

入社後に万一「聞いていたことと違う」という場合、アドバイザーから就職先に申し入れ
⇒ 入社後のサポートを保証する転職エージェントは他になし

充実したサイトコンテンツ

最新のオリジナ・ブログ記事が多数掲載
⇒ 僕も読みましたが、結構面白く読み応えがあります。
  実体験にそったリアルな内容で、とても参考になります。

相談・登録 (無料) はこちら

タイアップ

ファルマスタッフ

【厚生労働大臣許可番号】
13-ユ-010743

信頼できる運営

ファルマスタッフは、大手調剤チェーン「日本調剤」が運営している転職エージェント
⇒ 大手薬局が運営の母体なので、当然薬剤師に詳しく高い信頼性

内容の濃い求人情報

一つひとつの薬局や病院、その他企業にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、 職場の状況を具体的にヒアリング
そのため、求人情報が他社よりも非常に濃い
職場の雰囲気や経営状況、実質的な勤務時間などデメリットとなる情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映
⇒ 失敗のない求人案件選びが可能

高い満足度・評価、求人数

各種の調査で高い満足度、評価 (詳細はファルマスタッフの公式サイトをご覧ください)
公開求人数46,000件以上
高給与(600万円以上)の求人数10,624件 (022年2月9日時点)
⇒ 件数よりも求人一つひとつの内容を重視

厚生労働省認定の優良紹介業者

職業紹介優良事業者認定制度及び 医療・介護・保育分野における適正な有料職業紹介事業者の認定制度において
ダブルで優良紹介業者として認定
職業紹介優良事業者 第2002003(03)号
医療分野適正有料職業紹介事業者認定番号:01015(1)
⇒ ダブルで認定されている業者は非常にわずか

相談・登録 (無料) はこちら

タイアップ

お仕事ラボ

【厚生労働大臣許可番号】
13-ユ-307575

お仕事ラボ

選任コンサルタントがミスマッチのない転職を提案

✔ 選任コンサルタントがミスマッチのない転職をご提案
✔ ミスマッチのないよう面談に注力しています。
✔ 1人1人の薬剤師さんのご希望に応じたフルオーダー提案も可能
✔ 希望する薬局等がある場合に弊社経由で薬局へ逆指名可能
✔ 利用満足度が90%以上(MedicalTribune調べ)
✔ 紹介後の定着率95.6%
(自社調べ「求職者への3カ月間定着確認」2018年2月現在)
ライフスタイルに即した働き方を提案幅

実績充実のキャンペーン

✔ 転職サポート新規会員登録で1万円GET!
✔ 面接で交通費支給3万円GET!  ※初回のみ薬局との面接が完了後
✔ お仕事決定で最大10万円GET!
✔ お友達紹介で最大7万円GET!
キャンペーンは事前の告知なく終了する場合があるらしい。
  ※その他適用条件詳細は登録後コンサルタントにご確認ください

大手薬局チェーンの子会社なので安心

✔ 運営する株式会社AXISは、大手調剤薬局チェーンの100%子会社、
✔ プライバシーマークを取得している薬剤師に特化した転職エージェント
運営会社が調剤薬局なので、独自のネットワークによる求人情報獲得に期待

タイアップ

アポプラス薬剤師

【厚生労働大臣許可番号】
13-ユ-312454

薬剤師転職サポート30年の実績

薬剤師の人材紹介・派遣サービスを行う草分け企業として、1993年より30年
全国で「クオール薬局」を展開する東証プライム市場上場 クオールホールディングスのグループ会社
⇒ 信頼できるバックグラウンドからの優良サポートが期待

全国規模で薬剤師専任コンサルタントが全力サポート

北海道から九州まで、全国9ヵ所に営業拠点があり、最寄りの拠点で対面式の面談が可能
コンサルタントは、医療機関における職場経験者や、医療機関で研修を受けたプロ
現在のライフスタイルから将来のキャリアプラン、年収の希望までをしっかりと伺い、数多くの求人の中からマッチする就業先を提案
転職先候補への面接や見学にもコンサルタントが同行し、サポート
面接から新しい就業先への入社まで最短で1日、平均で2~3週間というスピーディーな転職を実現
⇒ 薬剤師専門のエージェントでこれだけ全国規模で展開しているところは他にない

未公開の求人を紹介

調剤薬局・ドラッグストア・病院クリニック・企業との長年の信頼関係により、他社ではご紹介できない好条件・高待遇求人が多数
全体の80%以上がWEB公開していない求人
⇒ 大手薬局が運営母体であるからこそ実現した求人情報で、80%以上の未公開求人は驚異的

薬剤師スキルアップ研修を紹介

キャリアにブランクのある方に研修を紹介
CPC(薬剤師認定制度認証機構)が発行するシールを取得できる上、受講料は転職サポートに登録すれば半額で受講
さらに実際に転職が決定したら全額無料
⇒ 他にこれだけ研修を充実させた、薬剤師専門エージェントは見かけない

サポート登録はわずか1分!

サポート登録は、電話、PC、スマートフォンから簡単30秒で完了
どなたでも簡単にサービスをご利用いただけます。

相談・登録 (無料) はこちら

タイアップ

エクスファルマ

【厚生労働大臣許可番号】
27-ユ-302174

コーディネーター全員が医療業界関係者

医療業界経験者による、市場価値評価、条件交渉
業界の中を知っているからこその、マッチング率の高さ
担当者が直接訪問し職場環境、就業状況、忙しさや残業の有無など 細かくヒアリング
⇒ 信頼できるバックグラウンドからの優良サポートが期待

大手調剤チェーングループ会社で安心の運営

大手調剤チェーングループ会社だからこその安心感
特に関西圏、札幌圏の案件は密度の濃い提案が可能
薬局や病院、企業と長年にわたって良好な信頼関係
⇒ 阪神調剤グループ(I&H株式会社)が母体で、調剤薬局の案件に特に強い!

一人一人のオーダーメード提案

あなたのキャリアプラン・ライフプランにそった提案
円満退職もサポート
就職決定後も引き続きサポート・ォロー
⇒ 大手薬局が運営母体であるからこそ実現した求人情報で、80%以上の未公開求人は驚異的

コンテンツが充実したサイト

独自のスキルアップセミナー、スキルアップQUIZ、スキルアップ動画を提供
無料相談会も実施
⇒ 薬剤師としてのキャリアアップのための有益な教育コンテンツを配信しています。こんなサイトほかにはありません!

相談・登録 (無料) はこちら

転職サイト

タイアップ

ジョブデポ薬剤師

【厚生労働大臣許可番号】
13-ユ-307545

求人件数は10万件以上

日本最大級の薬剤師向け求人検索エンジン
大都市圏だけでなく、地方の求人も多数
多数のサイトの求人をまとめて検索

完全な転職サイトで余計な干渉なし

転職エージェントが在籍していないため、しつこい勧誘は一切なし
求人の閲覧履歴やお気に入り登録機能が使えるので、多数の求人の比較が可能
メールの通知は全てオフにすることができる
給与別の求人数の比較、お役立ちコラムなど魅力的なコンテンツ

こんな人におすすめ

転職エージェントのしつこい勧誘に嫌気がさしている方
やたらと多くのメールが送られてくる転職サイトに辟易している方
自分で納得するまで比較して決めたい方

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師

薬剤師の転職時の採用面接のまとめ

薬剤師の転職時によくある質問のカテゴリはこちらです。

  • 自己紹介・薬剤師としての経歴
  • 転職理由
  • 薬剤師という職業に対する向き合い方
  • ミスの防止
  • 安全性の確保
  • 患者への接し方
  • これまで経験した困難と工夫
  • 病院でのコミュニケーション
  • ストレス耐性
  • 自己啓発への取り組み
  • 病院/薬局への質問

おおよそ、これらに対し具体的な実体験を添えて準備しておけば、少し外れた質問や、予想外の質問があったとしても、用意しておいた回答に当てはめなおしてお話しすることが可能です。

内定を確実にもらうには、面接に対する事前の準備が、本当に重要です。
こちらの質問例を参考に回答を考えて、成功することをお祈りします!

    • この記事を書いた人

    なる

    キャリア形成ブロガー|綿密な取材と自身の転職経験と実績に基づき、転職・昇格に関する有益情報を発信| マネジャーとして多くの若手社員を指導・育成|心の病を乗り越えてハイエンド転職を実現|転職で年収アップ 100 万円以上を達成|現在外資系企業マネジャー|関西在住|これからも皆さんの社会人生活が少しでも豊かになるように情報発信していきます!

    -転職